55ノート2(デュシャン・チェス本)

55-9-2-p33-81

<白キングの二次的領域と、二次的オポジション>

p33
81.jpg

 黒キングはg5(B)かg6(C)に移動せざるを得ず、e3(B)あるいはd3(C)で白キングにヘテロドックス・オポジションを取られ、勝利を放棄することになる。

-----------------------------
<いとう註:f4を守るために、黒キングも移動を続けていたが、ついにヘテロドックス・オポジションを取られるというパターン>

55-9-2-p33-80

<白キングの二次的領域と、二次的オポジション>

p33

80.jpg

 白キングはe2(H)に入り、オポジションの打開を続ける。黒キングは一手でh5(H)に移動出来ない(図81)。

55-9-2-p32-79

<白キングの二次的領域と、二次的オポジション>

p32

 図79。
79.jpg

 黒キングはg7(c3のため)、g6(d3ゆえに)を避け、f6(図80)に動く。


---------------------------
<いとう註:次手で白キングが「c3」、「d3」とすると、ヘテロドックス・オポジションを取られてしまうため、黒キングは振りきるようにf6へ>

55-9-2-p32-78

<白キングの二次的領域と、二次的オポジション>

p32

 図78。
 白キングはc4でヘテロドックス・オポジションを取れないので、d2に動かざるを得ない。黒キングにヘテロドックス・オポジション(h6)を与えることなく、オポジションの打開を続けるのだ。
78.jpg

55-9-2-p32-77

<白キングの二次的領域と、二次的オポジション>

p32

 図77。
77.jpg

 さて、黒キングをf7に移動させてみよう(図78)。
 
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ