55-9-0 ノート再開

 ホームページで続けていた「55ノート」は2001年に完全にストップしたはずだ。岡崎乾二郎氏の『ルネサンス 経験の条件』が7月に出版されているからである。まさにその出版記念イベントに観客として参加する途中、異様な勘が働き、氏を交えた鼎談の間に抜け出して、大急ぎで買ったのを覚えている。
 左右の問題、鏡像の問題、射影幾何学的な問題などなどを、岡崎氏はブルネレスキの作品を介して細かに分析していた。『批評空間』に連載されていたので、同時期に小説を連載していた僕は読んでいなければならなかったし、読んでいると思われながら得々とブルネレスキについて書き迷っていたわけで、自分が恥ずかしくなった。そもそも、思考のレベルがまるで違っていた。
 それからというもの、「55ノート」を読み返すこと自体出来なくなった。今もそれは変わらない。本誌に今回の『マルセル・デュシャンと20世紀美術』の原稿を依頼された僕は、まず「55ノート」を他人にカットアップしてもらって当該字数を埋める以外ないと返答した。自分がデュシャンを語る以上、「55ノート」的な問題意識を前提とせざるを得ない。しかし、それを改めてたどり、要約して書くことが僕には出来ない。
 だがしかし、実際に展覧会を観に行った僕を待っていた初めのデュシャン作品は、なんと『チェス・プレーヤーの肖像』だった。絵の中のチェス盤にはおそらくキングとポーンだけがあり、左手のプレーヤーはポーンを持っている。のちにハルバーシュタットとの共著『オポジションとシスタースクエアは調停される』(1932)で扱われるテーマ、「ポーン・エンディング」をデュシャンは1911年の絵画ですでに前景化している。
 その他にもチェスをテーマとする作品がいくつも展示されていた。大学時代に観たデュシャン展では、それほどまでチェスに焦点を当てていなかったように思う。
 それでも、僕は無関心を基本態度として展覧会場を回った。デュシャンが視覚を遠ざける作品を提出している以上、観る側にもそれは要求される。途中、数秒だけ『パリの空気』の物質的な美しさに心を奪われ、『グリーン・ボックス』を前にするとガラスを叩き割って所有したい欲望に駆られたが、それ以外にはおおむね基本態度を貫くことが出来た。
 何も考えない。考えるなら会場を出てからにする。こうした無関心によって僕はデュシャンの脳と直結しようとするような、半ば目を閉じて瞑想しているような状態を探り続けたものである。にもかかわらず、僕の中には大きな刺激が継続して与えられていた。
 語り始めれば長くなる。そして答えはない。
 だからこそ、デュシャンの子供たちもまた、その状態に呼応して作品を提出している。くわしくはデュシャン展に出かけて、その脳で刺激の数々を受け止めていただくしかない。
僕はようやく「55ノート」の再開を心に決めた。考え続けることがデュシャンを前にした者の、あり得べきただひとつの行為であろうから。まず、『オポジションとシスタースクエアは調停される』を翻訳し始めようと思う。同時にW・M・アイヴァンスの『視野の合理化の上で』を〈遺作〉解読の鍵として再提示していきたい。
 以上が貧しい論考「55ノート」再開の宣言となった。終盤戦は本稿によって始まる。

『美術手帖』と、今回のデュシャン展のキュレーター平芳氏に大きな感謝をこめて。

いとうせいこう


<この文章は『美術手帖』2005年一月号、『マルセル・デュシャンとの再会』に掲載されたものです。今回、『美術手帖』の御協力により、ブログに再掲載させていただきました。なお、その際タイトルを「55-9-1」から「55-9-0」に改め、55ノート再開宣言とさせていただいたことを御報告申し上げます>