<R.ビアンケッティ 1925
    Contributo alla teoria dei finali di soli pedoni(p55)
    『ポーンエンディング学説への寄与』>

p58

<シスタースクエア方式によって決定された両キングの主要領域>

 図149。
 ロコック・ポジションではh2からb8の対角線が蝶つがいになったが、ここでは図149の点線で示した部分のように、白の主要領域を横列ひとつ分だけ上げなければならない。折ることによる重なりはh3からc8の線を蝶つがいとすることになる。
149.jpg