<ドローのバリエーション>

p33


 最後に、初手で白Ka2?とした際に、ドローに持ち込む方法を説明する。

 図82。
82.jpg

 この方法は、白キングなら勝ちになる手順を黒キングに置き換えたものである。つまり、白キングが二次的領域にとどまっている間、または主要領域に入ってヘテロドックス・オポジションを取っている間、黒キングは二次的領域にとどまる。
 黒キングは、aファイル上の白キングに対して二次的ヘテロドックス・オポジションを取るが、これが縦列上のオポジションではなく、横列上のものであることに注意する。図82でこれを示した。
 黒キングは、横列上の二次的ヘテロドックス・オポジションを取っている。a2は同じランク上のc2とオーソドックス・オポジションであり、c2はh7とヘテロドックス・オポジションである。

-----------------------------
<いとう註:黒キングから見た二次的ヘテロドックス・オポジションは、横列(ランク)上のオポジションとなる。この位相の変化が興味深い。
 白、黒の主要領域は単に対称的なのではなく、いわゆる「手袋」のようなねじれを持っている。それは手袋のように決して同方向には重ならない。そして、このオポジションの場合、縦と横にずれて存在する>