<オポジション>あるいはオーソドックス・オポジション 

P7

 クリティカル・スクエアは4つのカテゴリーに分けられる。


 1 “有効なスクエア”
 A. Durand の命名(「Nouvelle Regence」/パリ/1860年、「チェス終盤戦の論理的戦略」/P.12)。

 図10、11にこれを+字で示した。その特徴は次の通り。

 有効なスクエアとは、3本のメイン・ファイル(訳注:メインの縦列)上の、ポーンの2つ先以降のマス目を言う。ただし、これはポーンが2~4本目の横列に位置している場合であり、5本目以上の横列にあるポーン(D. Prezepiorka の素晴らしい規定にならえば<ボードの中央を超えたポーン>)では、すぐ前からが有効なスクエアである。A. Durand の解説にあるように(同書、P.10)、ポーンをクイーンにするために<白はここで、“有効なスクエアのひとつに”到達するべく、“狙いを定める(訳注:one object in view)”だけでよい……黒キングの役割は“すべての”有効なスクエアへの接近を妨げることである>。

 ここでは、手番にまったく依存しない有効なスクエアについて解説した。それらのマス目を占拠するだけで勝利は間違いない。

10.jpg

11.jpg

--------------------

<いとう註:「ポーンをクイーンにする」という表現に注意したい。「55ノート」的に言えば、この“クイーン化”の不思議が大ガラス上部における「花嫁」に関係しているからである。
 また、白(前提として攻撃側)はどれかひとつのマス目に到達すればいいのに対し、黒(前提として防御側)はひとつでも失えば負けることにも留意しよう。遺作においてどこに視線をやってもいい鑑賞者と、しかし本当の“有効なスクエア”に侵入されてはならない制作者との関係を考えるのに、この構造は刺激的である>

<補注:「Nouvelle Regence」の「Regence」、最初のeにアクサンタギュが付く>