<オポジション>あるいはオーソドックス・オポジション

P6

 図9。
 黒番。白はここでもディスタント・ヴァーチャル・オポジションである。しかし、d4-d5-d6のいずれの征服にも有効ではない。そこで、黒はこう指す。
 1 ......    Kc5
 2 Kg7  Kd5
 3 Kf7  Ke5
 4 Ke7
 白は縦列上でダイレクト・オポジションを取ったが、まるで役に立ってはいない。なぜなら“マス目はひとつとして攻撃されていない”からだ。つまり、すでにおわかりだろうが、単独のマス目を守るためにオポジションを取る必要はないのである。黒番、以下、
 4 ......    Kd5
 5 Kd7  Kc5
 6 Ke7  Kd5!
 7 Kd7  Kc5
 8 Ke6  Kc6! =

09.jpg


ーーーーーーーーーーーーーー

<いとう註:これほど遠く離れていてもオポジションは始まっている。
8手目の黒の手に「!」が付いているが、これはついに黒がA-B線を破って、白キングの領域に入ったことを示すと思われる。対して、黒6手目の「!」はKc6(8手目と同じなのだが)と入らず、+字を打ったマス目を支配したことへの評価だろう。続く7手目で白はd列上のダイレクト・オポジションを取るが、黒にかわされてKe6と下がらざるを得ず、ついに+字マスをすべて黒に支配された上、A-B線を破られるに至る>