<オポジション>あるいはオーソドックス・オポジション

P5

 あるいは、対角線的に見れば図4になる。
 図1において白番のとき、“ 黒キングはオポジションを取っている”と言われる。
 オポジションはダイレクト(図1)のこともあれば、

 
04.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーー

<いとう註:図1において、白の番ならば白キングが動かざるを得ない。図にあらわれていないポーンはすべて動くことが出来ないからである。どちらかの駒がすべて動けなくなったとき、チェスでは「ステールメート」が成立し、引分けになってしまうのだ。したがって、勝ちたいなら相手の駒に動く余裕を与えておかなければならない。
“オポジションを取っている”黒キングは、したがって相手を意のままに動かしている。白キングに動く余裕を与え、しかし攻撃させない。主導権はこのとき、黒に存している。
 デュシャンらはここで初めて、オポジションの説明を開始する。
 この図4の中に、図1が含まれている。
 白キングe6、黒キングe8の状態がそれである。
 ひとマス分を隔ててのオポジション。それがダイレクトオポジションである>