2005年03月

55-9-2-p27-62

<白キングの二次的領域と、二次的オポジション>

p27

 図62。
 この配置で、黒キングは次のマス目へ移動することが出来る。
62.jpg

1Kh8
2 Kh7
3 Kg7
4 Kf7
5 Kf8

 これら5つのバリエーションについて検討していこう。

55-9-2-p26-61

<白キングの二次的領域と、二次的オポジション>

p26

 問題図61であれば、白キングはb1とし、図62にあるように縦列上で二次的ヘテロドックス・オポジションを取る。
61.jpg


---------------------------
<いとう註:図の下に「Position originale」とある。O君訳を参照すれば、「問題図」となる。この配置をひとつの問題として、チェスプレイヤーは正解を導き出していくわけだ>

55-9-2-p26-60

<白キングの二次的領域と、二次的オポジション>

p26

 図60。
 図ではこのように、主要領域を大文字、二次的領域を小文字であらわした。こうすることで、元の配置からの明瞭な解決法を説明することが出来よう。
60.jpg
 
 ついでに注意しておけば、白キングが縦列aに入ると、黒キングに横列上の二次的ヘテロドックス・オポジションを許すことになり、引き分け、もしくはe4のポーンを失うことでゲームを終えることになる!

<問題図の解決法>

 解決には二つの段階がある。
 1、白キングは二次的領域から、主要領域に入らなければならない。
 2、白キングは主要領域内で、ヘテロドックス・オポジションを取らなければならない。もしくは黒キングにそれを取らせてはならない。

 もっと言えば、黒キングにはその手番のどんな時にも、主要領域内でのヘテロドックス・オポジションを取らせてはならないのである。

--------------------------------
<いとう註:ここには「横列上の二次的ヘテロドックス・オポジション」のことが追記されている。aの縦列a2、a3、a4はそれぞれ、白主要領域内のF、E、Gとオーソドックス・オポジションの関係にあり、黒主要領域内でそのF、E、Gは横一列に並んでいる。そこを占めれば、黒キングが逆に白キングに対して二次的ヘテロドックス・オポジションを取ったことになるのだろう>

55-9-2-p26-59

<白キングの二次的領域と、二次的オポジション>

p26

 他の例。
 図59。
 白キングは二次的ヘテロドックス・オポジションを取っている。c1は縦列上でc3とオーソドックス・オポジションであり、そのc3は主要領域内のg7とヘテロドックス・オポジションだからである。
59.jpg

55-9-2-p25-58

<白キングの二次的領域と、二次的オポジション>

p25

 図58。
 白キングは二次的ヘテロドックス・オポジションを取っている。なぜなら、白が占拠したb1は縦列上でb3とオーソドックス・オポジションの位置にあり、そのb3のマス目は黒キングが主要領域内で占めるg8と一次的ヘテロドックス・オポジションの関係にあるからである。
58.jpg
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ